鞄はお洋服と違い、さまざまな生地、パーツ、芯材などの材料が使われます。
このコーナーでは、特によく使われる(トニースタイルでよく使っている)カバンの生地、材料を紹介していきます。
(生地屋さんや金具屋さんに通じないトニースタイル独特に使われる用語もあります。
あしからず^^;)



<生地のはなし>
最も重要な生地選び。用途やデザインで、慎重に選びましょう。


【ポリエステル600デニール・600D】(柄入り)
ポリ600D
ポリエステル600デニール生地です。600Dや、ポリ600などとも言われます。
安価で丈夫な生地で、カバンではメジャーな生地です。
色も柄も豊富で、どこのブランドさんも幅広く使われています。
裏コーティングを「PVCコーティング」にしたり、「PUコーティング」にすることで、同じ600Dでも風合いが全く異なった仕上がりになります。



【ナイロン1680デニール(1680D)】
ナイロン1680デニール
ナイロン1680デニールは太いナイロンの編み込みで耐久に優れた非常に強い生地です。
その特性を生かして、主にビジネスバッグや、ミリタリー系ファッションのバッグに使用されたりします。
トニースタイルも1680シリーズを販売しております^^
↓ご興味ある方は是非ご覧ください^^;
丈夫な生地の1680デニール



【ナイロンツイル】
ナイロンツイル   ナイロンドビーツイル
ナイロンツイルはやや光沢があり、高級感のある素材です。
例の有名な日本のバッグブランドのメインシリーズに使わているアノ生地です^^
裏コーティングにもよりますが、生地自体は柔らかく軽いのが特徴です。
デニール数が高くなる程、よりラインがハッキリと見えるようになり、メンズライクなバッグの仕上がりになります。(右写真)



【ナイロン210デニール】
ナイロン210デニール
210デニールナイロンは、主に裏地に使用されます。
生地自体は地味なので、トニースタイルでは、これにプリントや柄織りを施してゴージャスな裏地に仕上げています^^;
折畳んでもゴワつかないので、エコバッグなどのポケッタブルバッグの用途にも適しています。



【帆布(キャンバス)】
ポリ600D   帆布生地・キャンバス
綿素材の帆布です。キャンバスとも言われます。
様々な号数があり、生地の厚み(織りの細かさ)が変わってきます。
厚み(織りの細かさ)を表す数字として、「号数」と「オンス」がありますが、号数は数字が増えるに連れて厚みが薄く(織りが細かく)なり、 オンスは数字が増えるにつれて、厚みが増し(織りが粗くなり)ます。
また、綿素材で染色堅牢度が弱く、基本的に色落ちしますので色付きのキャンバスは注意が必要です。



【ボンディングメッシュ】
ボンディングメッシュ
リュックの背面の王様!「ボンディングメッシュ」です。
蒸れ防止や通気性を高めるための機能として、リュックやウエストバッグの背面に使用されます。
一時期、この「ボンディングメッシュ」で仕上げたカバンが流行った時期もありました。



【テープ】
ショルダーテープ
持ち手や、ショルダーに使われるテープも、これまた様々な材質や織り方があります。
こちらの写真では、左から「PPテープ」(高密度)・「アクリルテープ」・「ナイロンテープ」となっております。
テープ幅は、5mm幅間隔で種類があるんですが、なぜか、30mm幅の次は38mm幅となります。




<金具のはなし>
時には実用性に、時にはデザイン性に、、、、
こんな色々なパーツを使えるのはカバン作りならではの楽しみです♪


【マグネットホック】
マグネットホック
ワンタッチで開閉のとっても便利なマグネットホック。
力要らずで便利です。



【ハトメ(はと目)・アイレット】
ポリ600D
ハトメ、はと目、鳩目、、、
英語を使うと「アイレット」!
言い方ひとつで、なんか別のものみたくなりますよね。
本来はリング(金具)や紐(革紐)などを通したりする時の補強用に使用したりしますが、ファション性としても多様されます。
ニッケル、つや消し、黒ニッケル、アンティック、黒塗、、、、
色んな色にできます◎


【カシメ(リベット・中空鋲)】
カシメ・中空鋲
カシメ。形状は異なりますが、リベット、中空鋲とも言います。
例えば、トートバッグの持ち手と本体つなぎ目の部分に打ち込んで「補強」の仕事をしたりします。
「スタッズ」は主にファッション性に使われます。



【なすかん(ナスカン)】
ナスカン
ナスカンといっても、色々な形状(種類)があります。
アミナス、鉄砲ナス、カニカン(缶詰めじゃないよ^^;)、レバーナス。
それぞれに特徴があり、値段の差もあります。
仕上げたいバッグによって金具の形状も考えなければなりません、。




<芯材のはなし>
カバンの仕上がりの風合いを左右する芯材選びは、生地(素材)選びよりも重要だと考えています。
私たちは、「神(しん)材」と呼んでいます。(ウソです、、、)


【ベルポーレン芯】
芯材・ベルポーレン芯
主に底芯に使用されるベルポーレン芯は、硬さも厚みも色々あります。
薄いベルポーレン芯は、湿気や暑さで反り曲がることもあるので注意が必要です。



【スポンジ芯】
芯材・スポンジ芯
名称とおりそのままです^^;スポンジ、、
生地のコーティングの薄いものと組み合わせて、コシがあるのに「軽量」のカバンを作ることができます。



【ペフ芯】
芯材・ペフ芯
先ほどのスポンジ芯の密度をギュッとして固くしたイメージです。わかりずらい^^;
軽量かつ、スポンジ芯よりコシのある、しっかりと自立したバッグが作れます。



【わた芯・キルト芯】
芯材・ペフ芯
キルティングのバッグなどに使用されているのでとてもメジャーな芯材といえます。
柔らかな風合いのバッグに仕上げれます。



いかがでしたでしょうか?ほんの、ほんのごく一部のバッグに使用する材料をご紹介しましたがバッグ作りにご興味湧いてきましたか?^^
トニースタイルでは、生地屋さん、金具屋さんとの幅広いネットワークを持っていますので、カバンに使用する お探しの生地、金具、材料などありましたら、是非ご相談くださいね。


小ロット専門のOEMもやっております。
トニースタイル OEM




〇●【カバン作りのご参考に!TONYstyleブログ更新中!】●〇



お客様のオリジナルロゴもお作りできますよ!^^
「また作っちゃいました^^;TONYstyleオリジナルロゴ」
TONYstyleOEMカバン事業部2


カバン作りに大事なことです!色落ちなどのお話。
「摩擦堅牢度と耐光堅牢度のおはなし」
TONYstyleOEMカバン事業部3


革って、そんなに使うの!?生地の要尺(用尺)についてのお話。
「生地の要尺(用尺)、生地のロス率と革のロス率について」
TONYstyleOEMカバン事業部5


トニースタイルの作る鞄は、見えない部分もしっかり作りこんでいます◎
「キャシャな身体でしっかり補強!「ポリリンプ」ちゃんのお話^^」
TONYstyleOEMカバン事業部6


プリント(ロゴ)はカバンにも重要な訴求ポイント!
「シルクスクリーン印刷」「転写プリント」?カバンのプリントの種類
TONYstyleOEMカバン事業部6








 
copyright all reserved TONY style(R)